2020年02月08日 (土)

Now Playing|Ball and Chain

いつものベストヒット小林克也のキュレーションから。信用失墜して久しい世界保健機関、ではない方のThe Who。イギリスを代表する伝説的なロックバンドの約13年ぶりとなるオリジナルアルバムからのリードシングル。

曲名はチェーンに繋がれた鉄球、即ち囚人用の足枷のこと。歌詞の内容的には特に響くところはなく、有り体に言ってしまえばご老体のロック。サウンド的にも奇抜さはなくオーソドックスなもの。

しかし、これこそを貫禄というのか円熟の極致というのか、音の粒が太く楽しいし、一方ではこれだけ腰を据えて重厚に聴かせながらも隙がない。一口にご老体と言っても、"害"とか"衰え"といったフレーズが一切まとわりついてこないんですよね、最前線であり最高に格好良い。音楽的にはちょっとレトロフューチャー的な懐かしさも感じて、バンドアンサンブル時代のチャゲアスを彷彿とさせる───なんて言ってしまうと怒られてしまいそうですが、不肖に教養がないだけで矮小化している訳ではないですよ。そんな、最新にして最後のThe Who。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1725] »

RECENT ENTRIES