2005年08月06日 (土)

オンキヨー「e-onkyo music store」を開始

オンキヨーは、高音質を特徴とする音楽配信サービス「e-onkyo music store」を8月8日より開始するとのこと。配信形式はWMA 9 Pro Lossless(24bit/96kHz)とWMA 9 Lossless(16bit/44.1kHz)で、これまでの音楽配信サービスよりも高音質な音源を配信するとしています。

オンキヨー、24bit/96kHzの高音質音楽配信を開始
オンキヨー、音楽配信サービス「e-onkyo music store」を開始--24bitの高品質で勝負

iTunes Music Storeのローンチと前後して、各社続々と音楽配信サービスに名乗りを上げていますが、その中で、高音質な音源の配信にポイントを絞ることで差別化を図ったオンキヨーのサービス、目の付け所は良いと思います。「CD買えばいいじゃん」という突っ込みがある一方で、CDのように物質的な所有感が必要ない、むしろ邪魔だ、という層も確実に増えていますし、ましてやそれがCD以上の音質ともなれば、ニーズはあると思います。

でも、本来的には相当ニッチなサービスですよね、これ。ターゲットとする顧客は、

  • AACで満足出来ない
  • しかし、CDや物理メディアは買わない
  • それでいて、なお相応の環境を揃えたヘビーユーザー

ということが前提になる訳ですから。元々がiTMSに対抗するような位置付けのサービスではなく、下賎な言い方をすればそのおこぼれに預かりたい、ということでしょうか。

しかし、それにしてもこの商品の品揃え、いくらスタート直後とはいえ、全33曲というのはあまりにも酷い。今年度中に1,000曲程度を目指すとしていますが、これで果たしてどこまで行けるのか。DRMまでガチガチだったら即死するかもしれません。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES