2007年06月09日 (土)

「SUPER HCM Pro RX-78-2 ガンダム」6月16日発売

バンダイは、「SUPER HCM Pro RX-78-2 ガンダム」の発売を発表しました。定価7,140円で、2007年6月16日(土)より全国発売。

http://www.bandai.co.jp/releases/J2007060601.html

HCM Proの誕生から3年を経てリリースされる最上級モデルSUPER HCM Proは、1/200スケールで培い蓄積したノウハウを1/144スケールに集約した進化系のハイスペックモデル。精密なディテールを再現し、各部関節の緻密な可動ギミックを可能にしたほか、初の立体化となるスーパー・ナパームを含むフル武装の武器とディスプレイ台座が付属する究極の1/144スケール完成品キットを謳っています。主要なターゲットは10代から30代のガンダムファンとし、販売目標数は2008年3月末までに10万個を予定。

並々ならぬ気合いをもって送り出されるホビー事業部渾身のブルジョワ商品SUPER HCM Pro。一方、レギュラーパッケージであるHCM Proはこれまでに200万個を販売したとされていますが、1アイテム当たりの具体的な販売数が公表されていないので、本モデルに設定された年度末までに10万個という売り上げ目標が達成可能な数字であるのか、また、大した数字なのかそうでもないのか、妥当な狙いであるのかどうかが、如何にもピンと来ません。ただ、相変わらずモノは良さげ。癖のあるマーキングが若干うるさい嫌いはありますが、全高125mmながらまるで1/100サイズと錯覚するほどのオーバースケール感を伴う精密感と高級感は、大袈裟に喧騒して1/144スケールに於けるガンプラの、ひいてはマスプロダクトの到達点の一つ。金属製のパーツを採用したことで演出される重量感と安定感も、全体的なバランスと完成度の向上に一役買っています。後は、量産モデルの品質と、全身23箇所の超可動を称する部分で、HCM Proに共通して劣化が激しい各関節部のへたりなど、強度面での目減りの程度と耐久性が、最終的な評価の鍵となるでしょう。

なお、Super HCM Pro公式Webサイトでは、CM映像にweb専用映像を追加したスペシャルムービーが公開されています。

http://bandai-hobby.net/banban/shcmpro.html

現在放送中のTVCMのメイキングなどを含めたネット限定映像(スーパーハイコンプロ編)では、CM撮影の様子と、実際にOAされているCM映像の別バージョンが視聴できます。撮影では、精密さを伝える為に特殊レンズなども用意されました。ワンカットの映像にも繊細な作業の積み重ねを要しており、まあ随分な手間暇が掛かっていることが伺えます。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1671] »

COUNTERS

  • 01,438,427
    Y: 775 - T: 724

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1671
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年06月23日 (金) 08:00