2019年07月11日 (木)

beyerdynamic DT1990PRO

HD800の無味乾燥ぶりに疲れ、より刺激的で楽しいリスニングホンを求めてHD700に移行した身からすると、やがてbeyerdynamicに辿り着くのは必然だった気がしますが、この選択が吉と出るか凶と出るかはまた別の話。

DT1990PROは価格帯も音の傾向もHD700と似ていますが、単純な上位互換とは感じません。ただ、物自体の作り、質感は素晴らしく、素直に音が良いと評価できる逸品ではあります。

Amazon.co.jp:DT1990PRO

誤解を恐れずに言えば、DT1990PROの位置付けはHD800とHD700のちょうど真ん中。スタジオモニターホンなので解像度は高いですが、HD800と違ってしっかり低音も出ていて、それもHD700のタイトな低音よりも量も質も上等な響きが通り抜けていく。中音域がそれほど張り出していないこともあって高音の当たりは強いですが、HD700のように時折サ行が刺さるといったことはないので、これまでのSennheiserにはなかった不思議なバランス感。"刺激的"ではあるが"イビツ"ではない、ということですね。既に実売で5万円を切る価格帯でこのパフォーマンスの高さは異常です。その分、音場はHD800に劣り、立体感ではHD700に劣るので、何事も完璧ということはなく。

なお、側圧は強めですが、イヤーパッドが両耳をしっかりホールドしてくれるので、むしろ適度に重量が分散して、短時間の装着であればそれほど疲労感はありません。ただ、やはりエッジの立ったキレのある音質と重量の関係で長時間のリスニングでも聴き疲れしない───ということは恐らくないので、従来の快適性とは雲泥の差。何度も繰り返すようですが、日常生活における使用時間当たりのカロリーで見れば不肖重度のヘッドホンユーザーなので、長期的に見て、そういった問題点がどう影響してくるか、といったところ。

この軟弱系の健康不良児の肉体でも受け止めきれるレベルの負担であれば、DT1990PROとの歩みを止める理由はありません。

INFORMATION

  • Amazon.co.jp:Destiny 2 孤独と影 レジェンダリーコレクション

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1710] »

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.7
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j (Twitter)
  • Total Entries: 1710
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2019年07月12日 (金) 08:11