2005年08月22日 (月)

謎の「ピアノマン」は芝居だった?

22日付の英大衆紙デーリー・ミラーの報道によれば、英国の海岸で4月に保護され、謎の「ピアノマン」として世界的に話題になった男性は、医師らを「かついでいた」とのこと。「ピアノマン」が入院していた病院関係者の話として伝えたところによると、男性は最近、医師らに自分がドイツ人であることを打ち明け、ドイツに帰ったのだという。また、当初プロ級と伝えられていたピアノの腕前も、さして上手くはないのだそうな。

謎の「ピアノマン」実は芝居だった!ドイツ人と告白

同紙では男性が言葉を発した理由については言及しておらず、また、男性の詳細な身元がまだ明らかでないなど不明瞭な点もあるので、真偽のほどははっきりとしませんが、もし、この報道が事実であるならば、「ピアノマン」の振る舞いは完全な芝居だったということです。拍子抜けとか落胆とか、人によっては憤りとか、しかし、そんな感情の以前に「いやぁ、よくやるなぁ」と、却って感心してしまうこと頻り。職を失い、当初は自殺しようとしていたとのことですが、その芝居を打つという思考回路・精神状態も然ることながら、世界中を賑わわせた報道をかいくぐり、身元の一つも割れなかったのですから、まさにマジックです。ある意味、これもドラマティックな展開ではありませんか。

とはいえ、これだけ世間を騒がせておきながら、肝心のピアノの腕前までもが嘘だったとあっては、ロマンも糞もない結末ですね。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1675] »

COUNTERS

  • 01,465,907
    Y: 290 - T: 541

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1675
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年08月11日 (金) 07:56