2005年10月01日 (土)

「第一三共」が発足、国内製薬業界3強時代に

Image:朝日新聞

製薬大手の三共と第一製薬が経営統合し、持ち株会社「第一三共」を発足させたとのこと。これにより、国内の製薬業界は長年の武田薬品工業“1強”時代から、アステラス製薬も加えた“3強”時代に移行するという。

国内製薬業界、3強時代に 「第一三共」が発足

なんか、気が付いたらここまで再編が進んでいたんですね。どうもCMなんかで耳にする馴染みの製薬会社名が久しく減ったと思っていたら、朝日の図解によれば合併や経営統合で消えた名前も。

それにしても、これだけ各社で連合を組みながら、それでも売上高で世界のトップテンに食い込めないというのだから驚き。これでなお経営規模で大きく見劣りするとは、製薬会社というのも随分と業が深いというか、奥の深い世界なんですね。国際的な競争力を付ける為に、今後もさらなる統合が進むのでしょうか。

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1730] »

RECENT ENTRIES