2005年12月08日 (木)

「長者番付」廃止へ

毎年恒例の「長者番付」が廃止されるという。自民党税制調査会は8日、高額納税者の公示制度を廃止する方向で調整に入ったとのこと。個人情報保護への配慮が主な理由で、公示情報を元に高額納税者を狙った犯罪が発生している現状も廃止論の背景にあるそうです。

今年4月に個人情報保護法が施行されてからというもの、一部では、法律の拡大解釈と過剰反応から行き過ぎた配慮、規制を招いており、実効性にも疑問のある同法律にはあまり良い印象がありません。しかし、こと「長者番付」に関しては、情報を公開することにリスクが存在するのも事実で、直接的な犯罪被害に繋がり兼ねないこのご時勢では、廃止も致し方ないことなのかもしれません。ただ、半ば風情と化していた番付だけに、如何にも寂しいというのが正直なところ。長者のトレンドを話の種に出来ないというのは、それだけで随分と物足りない感じがします。

リンク:
長者番付、来年にも廃止 政府税調、答申の方針
自民税調、「長者番付」廃止へ−個人情報保護への配慮で

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1731] »

RECENT ENTRIES