2011年12月12日 (月)

STAX、買収さる

※12月12日付けのメディア報道、及びプレスリリースでは、「業務資本提携」「国内生産は維持」という表現が明記されているので、本エントリは第一報時点での繰り言をまとめた与太記事としてご覧下さい(最近の日経の飛ばしっぷりは本当にどうしようもないな)。

スタックス、「Edifier」の中国・漫歩者科技と資本提携 -「イヤースピーカー」は引き続き国内生産

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20111212_498060.html

昨冬、念願のSennheiserデビューを果たし、オーディオの夜明けを迎えたramhorn05j。物欲との葛藤に悶絶しつつも、各所の掲示板を眺めては情報を貪り、示唆に富む蘊蓄、愉快な語彙にほくそ笑みながらウィンドウショッピングを堪能し、日々エア・オーディオの楽しさに身を委ねる中で、実態のあるHD598、HD650という地平から見てもなお雲の上の存在というか、容易には手の届かない憧れの存在であり続けたのがSTAX。そんなSTAXが、中国の三流機器ベンダに買収される、それも1億2千万円ぽっきりで……というのは、2011年も暮れようかという時期に入って来た、まさにヘッドホン業界にとっての最悪のニュースです。

【広州=桑原健】中国の音響機器メーカーの深セン市漫歩者科技(広東省)は9日、日本のヘッドホンメーカーのスタックス(埼玉県三芳町)を買収すると発表した。買収額は1億2千万円。自社の低コストの生産技術とスタックスの高い技術を結びつけて販売拡大を図るという。中国企業が優れた技術を持つ日本企業を買収する例が相次いでおり、今回の買収もその一つ。

 スタックスの目黒陽造社長が保有している全株式を買い取る。漫歩者はスピーカーやイヤホンを生産する深セン証券取引所上場企業。2010年の売上高は約7億1900万元(約88億円)だった。同社はスタックスの持つ静電型と呼ばれる技術の高さに着目。漫歩者によるとスタックスは新製品の発売の遅れで10年は営業赤字に陥ったが、11年は黒字基調となっている。

中国音響機器、日本企業を買収:日本経済新聞

一度は潰れたスタックス工業株式会社を有限会社スタックスとして繋ぎ止めた信念の行き着く先が中国への身売り、というのではあまりにも世知辛いというか、まあ、元々の経営陣から現社長がSTAXの名前を引き継いだ様はドラマチックではあったものの、企業体質は決して頑強ではなかったので、これが仮にも駄目元で立ち上げた現行STAXの(後継者問題なども含めた)今後を考えた末の帰結だとすれば、それこそ何の為の再スタートだったのかと思わなくもありません。素人観測では、ソニーやオーディオテクニカ、デノンなどの国内メーカーが何とかしてやれなかったのか、主要な取引先である欧米の顧客リストに貰い手はいなかったのか、深刻な経済不況とはいえ、STAXなら喜んで手を差し伸べてくれたメーカーもあっただろうに、という思いが朴訥と浮かんでは消えて行きます。

買収したのはEdifier。主にPC周辺機器などを販売しており、国内ではドスパラを始めとしたPCショップでの取り扱い実績がありますが、“値段の割には悪くない”という評判がある一方で、オーディオ・ブランドとしては、思想的にも実業的にもSTAXからはあまりにも懸け離れたメーカー。「売る方も買う方も何をやったか分かっているのか」という憤怒にも似た反応が見受けられるのは、人情としては至極当然という気がします。

正直、STAXはオーディオに興味がないと聞かない名前なので、ブランド自体がマニア志向の高級機種だと思いますが、それでも結構あちこちのスレで嘆きの声を見掛けるので、今回の買収劇はやはり相当なインパクトがあったんだなぁ、と。まあ、そういう層だと一人一人の声はデカイでしょうけどね。「日本が誇る世界最高音質のイヤースピーカー」なんて聞くと何処の宗教かと思いますが、でも、STAXだけはこれが大袈裟に聞こえなかった。投資会社による資本注入ではなく、名目上は音響機器メーカーによる併合を目的とした買収なので、少なくとも日本のオーディオ・マニアが納得する様な発展的な事業展開には期待できないでしょうし、STAXファンの心情は如何ばかりか、さぞや無念であるに違いありません。

何よりSTAXのブランド価値たる品質水準、サポート水準をEdifierが維持できるとは到底思えず、技術を吸い上げた後には焼け跡すら残らないのではないか、というのが自然に導き出される結論なので、日本発の、オンリーワンの高級ブランドも事実上これで終焉かと思うと感傷に浸らずにはいられない。せめて、既存製品のアフターサービスだけはAll Japan体制のメンテナンス拠点で……と願うばかりですが、STAXは二度死ぬ。というより死んだ。

さようなら、Made in 埼玉。

INFORMATION

RECENT ENTRIES

ARCHIVES

  • Browse All Archives [1677] »

COUNTERS

  • 01,482,151
    Y: 422 - T: 120

CREDITS

  • Powered by Movable Type Pro 6.3.3
  • さくらのレンタルサーバ  ムームードメイン
  • Made on a Mac  Composed and Posted with ecto for Mac OS X 3.0.2
  • Valid XHTML 1.0 Transitional  Valid CSS version 3.0

STATISTICS

  • Data: O.Z.K.
  • URL: http://ramhorn05j.com/weblog/
  • Author: ramhorn05j
  • Total Entries: 1677
  • Timezone: +09:00
  • PublishCharset: UTF-8
  • Last Updated: 2017年09月21日 (木) 23:08